広報活動 public relations」カテゴリーアーカイブ

ラブジアース ミーティング25th/福岡県 遠賀郡芦屋町 芦屋海浜公園

The 25th Love the Earth Meeting in Ashiya beach

初九州開催でしたが、雨の予報で参加者の出足は悪かったものの、リピーターの顔ぶれは相変わらずです。
WIMAメンバーにはブースのテントがありましたが、何もない駐車場では到着したライダーがカッパを着て木の下やトイレの軒下で開始まで待機していました。

愛知県からのリピーターに「よく来たねぇ!」と声をかけると、
「はは。ライフワークみたいなもんだからさ。」ですって。

曇り一時雨の予報でしたが、なかなか雨が上がりません。みんなカッパを羽織ってゴミ拾いを開始しました。
芦屋海浜公園はウミガメも来るという砂浜で、普段から清掃がされているらしく、大きなゴミがないのは少ない人数には幸いでした。
それでも歩き回ると、ペットボトルやプラスチック容器、ドリンクの瓶など細かいゴミがたくさん集まります。
中にはハングル文字のポリタンもありました。
なぜかトレーナーやシャツまで落ちています。

清掃終了後の食事タイムとステージタイムも雨の中。
飲食ブースには、唐揚げ、焼き鳥、焼きうどん(小倉発祥らしい)などが並び、どれを食べてもおいしいので食べ歩いてしまいました。
特に焼き鳥は関東とはタレが全然違いコクがありました。豚骨だしにしょうゆ、みりん、赤みそなど混ぜて作るそうです。

今回の参加者は30人くらいだったでしょうか。
ラブジ始まって以来の残念な数字と言われるかもしれません。
でも、30人しか来なかったのではなく、こんな雨の日に30人もの熱いライダーたちが遠路はるばる駆け付けたことが驚きだと思います。
そういう熱い気持ちは確実に広がっています。
今回は、それを感じられたのが収穫でした。

皮肉にもイベントが終了したら雨が上がり、帰りにWIMAの参加メンバーで門司港のレトロ地区観光をしました。
横浜赤レンガ倉庫に似た雰囲気の施設群で、自分たちへのご褒美を堪能ました。

ラブジアース ミーティング24th/愛媛県 越智郡上島町(弓削島) 松原海水浴場

The 24th Love the Earth Meeting in Yugeshima island

今回の会場は愛媛県。瀬戸内海の小島です。
しまなみ海道の近くなので因島からフェリーで渡りました。
このあたりはフェリーがバスみたいに気軽に乗れるんです。

前日は一日中肌寒い風雨でしたが、当日は梅雨明けのような快晴です。
紫外線が強過ぎて目がショボショボし、日焼け止めを塗っても肌がヒリヒリするほどです。
雨上がりの快晴で空気が澄み渡っていたんでしょうね。
キャディさんみたいな大きなつばのある農作業用帽子と腕カバーを持って行ったのは正解でした。

いつものラブジは太平洋か日本海に面した浜が会場なので、漁業ブイやロープなどの大物ゴミが目に付くのですが、波が穏やかな瀬戸内海のせいか、小さなプラゴミや発泡スチロールが多かったように思います。
ライディングパンツにブーツでは暑すぎる日差しの中、みんな汗をポタポタ垂らしながらゴミを黙々と拾いました。
時折目を上げると近くの島々が美しく、素晴らしい環境です。いつもは外洋しか見えませんから、とても贅沢な環境での清掃活動でした。
美しい瀬戸内の海と砂浜を守る活動に参加できたのは嬉しいことです。

今回も常連さんが駆けつけていました。
もうみんな仲間ですね。

ラブジアース ミーティング21st/静岡県 牧之原市 静波海岸

The 21st Love the Earth Meeting in Shizunami beach

2013年11月2日、第21回ラブ・ジ・アースが静岡県牧之原市の静波海岸で開催されました。WIMAからは5名が参加し、海岸清掃とブース出展をさせていただきました。
現地に着くと、「これは清掃のしがいがある!」という量のゴミがありました。
今回は、牧之原市のご協力で流木の破砕処理も行われ、清掃後はきれいな海岸に一変していました。

 

「ラブ・ジ・アースに参加した際に清掃活動をするだけでなく、普段から環境に対してちょっとずつ貢献する気持ちを持ちましょう!」という主催者の呼びかけがとても印象的でした。

ブース出展では、各メーカーの展示車両や、美味しいものブースなどが立ち並び、WIMAのブースでは、活動PRとして、「WIMAスマートライダーのステッカー」、「バイクと笑顔が共通語のTシャツ」、「ラブジにいってきましたフラッグ」を販売しました。

 

バイクのふるさと浜松 2013

Home of Motorcycles 2013 in Hamamatsu

8月24、25日とバイクのふるさと浜松2013に行ってきました。
WIMAはブース出展とステージでのトークショーという活動PRの場をいただき、2日間にわたって来場者(特に女性を中心)に新しく出来上がったばかりのカラーチラシをお渡しして活動PRをしました。

今年で11回目となるこのイベントは、各メーカーの車両展示・ステージイベント・交通安全パレード・トライアルデモンストレーション・旧車展示など、浜松を拠点とするバイク関連企業や地元有志の協力により内容が盛りだくさんで、さながら「小さなモーターサイクルショー」。

当日までお天気が心配でしたが、両日とも開場時刻には雨も上がり、たくさんの方が来場されました。
私は2010年にWIMAのMLでこのイベントのことを知ってから毎年行ってますが、年々来場者が増えているように感じます。
特に今年はWIMAに興味を示してくれる女性が多かったような気がしました。

このイベントのような雰囲気がこのイベントを発信地として日本中に広まって行きますように!
そして、いずれはヨーロッパラリーで行われるパレードのように、日本でも沿道の方が笑顔で手を振ってくれるようになったら素敵だなぁと思いました。

来場者にはご家族連れや孫の手を引いたおじいちゃんおばあちゃんも多いのですが、来場された方みんながイベントを楽しんでいる様子が毎年印象に残ります。
バイクのイベントでは「お父さんは楽しそうだけど、奥さんや子供は退屈そう」な光景を見かけることも多く、バイクに興味のない人との間に隔たり(温度差?)を感じてしまうのですが、このイベントでそれをあまり感じることがないのは、日本のバイク創世記にたくさんのバイクメーカーを有した浜松という土地柄のせいかもしれません。
おじいちゃんおばあちゃん世代はその昔、なんらかの形でバイク産業に携わってた人が多いので、きっとバイクという乗り物が身近な存在なのでしょうね。浜松では年齢性別を問わず多くの人にバイクが受け入れられているんだなと参加する度に嬉しい気持ちになります。
それはイベントに先だって募集された「楽しいバイクライフ」デザイン画コンテストのグランプリ受賞作にも表れていました。
おじいちゃんと孫娘が一緒にバイクを楽しんでいる様子が描かれています。
このイベントのような雰囲気がこのイベントを発信地として日本中に広まって行きますように!
そして、いずれはヨーロッパラリーで行われるパレードのように、日本でも沿道の方が笑顔で手を振ってくれるようになったら素敵だなぁと思いました。

東京モーターサイクルショー2013

Tokyo Motorcycle Show 2013

WIMA Japan was at the Tokyo Motorcycle Show for PR activity. During the 3-day event, we distributed flyers of WIMA to female visitors at “Lady’s Support Square” where people can try women’s riding gear and some models of motorcycles. It was fun to talk to many riders and introduce WIMA to them. Some of them were interested in WIMA and we already welcomed one new member from the event! All females who love motorcycles are welcome to WIMA! Let’s share the spirit of WIMA and have fun together!!

広報活動@東京モーターサイクルショー

恒例の春のイベント、東京モーターサイクルショーが3月22日~25日に開催され、レディスサポートスクエアで女性ライダーにWIMAの案内をさせていただきました。今年の来場者数は前年比108%だったようですが、会場内は常に人で溢れていて印象としてはそれ以上に感じました。WIMAが用意した案内チラシ1,800枚をすべて女性来場者にお渡しすることができました。「免許はとったけど、まだ公道デビューしてなくて…」という方や、「昔、乗っていたのだけど、また乗りたいなと思って…」という方、そしてもちろん既にバイクを楽しんでいる方など、たくさんの女性ライダーとお話しすることができ、楽しい3日間でした。興味を持って下さった皆さん、ありがとうございました。WIMAはバイクが大好きという女性の参加をお待ちしています!

ラブジアース ミーティング19th/静岡県 牧之原市 相良サンビーチ

The 19th Love the Earth Meeting in Sagara Sun Beach

The 19th Love the Earth meeting was held at Sagara Sun Baech in Shizuoka prefecture.

台風の余波にも負けずに開催

午前9時、会場である相良サンビーチに着くと、すでに車やバイクが集まり始めていました。

いつも通りにゴミ拾い~ステージイベントという進行でしたが、吹き荒れる強風といつ降り出してもおかしくない空模様にゴミ拾い開始を30分早め、ステージイベントも大幅に短縮して、本格的に雨が降り出す前には無事終了となりました。

台風が迫る中の開催で内心「ライダーは来れるのだろうか?」と心配していましたが、強風をものともせず続々と会場に集まるライダーたちを見て、嬉しいような頼もしい気持になりました。

台風接近の中、みなさんお疲れさまでした。

10年目を迎えたラブジ

今年で10周年のラブ・ジ・アース。

天候の影響が大きいイベントでありながら、会を重ねるごとに参加者が増えているそうです。ゴミ拾いを終えて綺麗になった浜辺を見る爽快感は、バイクで緑の中を走る爽快感とよく似ていて、だから参加者が増えていくのかもしれません。

ラブジアースに参加するたびに、一人一人の力は小さくてもこうして集まれば大きな力になること、続けていくことの大切さ、を感じます。

実行委員会の方が10周年を迎えて新たな展開を考えているとおっしゃってました。

ラブジアースがこれからどんなふうに発展していくのかを楽しみにしながら、これからも出来る限り参加していこうと思いました。

バイクのふるさと浜松 2012

Home of Motorcycles 2012 in Hamamatsu

A Motorcycle event: Hamamatsu-city, Home of Motorcycles 2012 hosted by Hamamatsu-city, Shizuoka was held. WIMA was one of the exhibitors at this event and also had chance to talk on the stage.

バイクゆかりの地で広報活動

8月25・26日(土・日)に開催された第10回「バイクのふるさと浜松」にて、今年もWIMA Japanが活動PRコーナーを出展。二万人を超える来場者に向けて日本支部代表のオンステージPRトーク、ビデオ、写真の掲示、チラシ配布などでインターナショナルに繋がる女性ライダー組織の活動をアピールできました。

WIMAの歴史を紹介するスライド、国内外ラリーの様子、被災地で活躍したWIMA号の写真や記事、ラブジアースの参加、LSOなどでのスキルアップなど、たくさんの方が興味をもってブースに立ち寄ってくださいました。

誰でも楽しめるイベント

イベントは、バイクライダーはもちろんですが、孫を連れたおじいちゃん、おばあちゃんたちも多く、今年のテーマ「バイクとデザイン」にあわせて展示されたコンセプト・バイクや新モデル車に跨ったり、屋外のトライアルデモンストレーションを観たりとライダーでなくても楽しめる内容でした。

そんな「バイクに乗らない」来場者の中にも、女性ライダーの団体があることに興味をもつ人たちがいらしたことが嬉しかったです。

ラブジアース ミーティング18th/福井県 大飯郡高浜町 釈迦浜

The 18th Love the Earth Meeting

Many riders who love the earth did beach clean-up activity in Fukui prefecture. We made a huge mountain of driftage after 2 hours of clean-up. The mayor’s message was wonderful; “I think that riders in riding suits gathering here to help clean the earth is chic and cool! I hope cool riders like you all will increase in future.” In order to change perspective toward riders, we, riders need to change first, right?

福井県大飯郡高浜町 釈迦浜(しゃかま)

今回の開催は福井県の釈迦浜、地元の方は「しゃかはま」ではなく「しゃかま」と呼ばれるそうです。普段はあまり人が立ち入らない海岸ということで、清掃場所は途方に暮れるような漂着ゴミだらけ!参加者は早朝から黙々とゴミ拾いました。山のようにゴミが集まりました。午後はトークショーやチャリティオークションなどがあり、楽しい時間を過ごしました。町長さんが「ライダースーツに身を包んだ皆さんに清掃していただき、粋で格好いいと思います。皆さんのような粋で格好いいライダーが増えてほしい。」というお話をしてくださいました。こんな風にライダーに対する見方が良くなっていくことは嬉しいことですね。

http://www.lovetheearth.jp/activity/meeting/18th/information.html

東京モーターサイクルショー 2012

Tokyo Motorcycle Show 2012

WIMA carried out PR activity, handing out flyers to female visitors, at the Tokyo Motorcycle Show for 3-day in March.

2012年3月23~25日の3日間、東京ビッグサイトで東京モータ-サイクルショーが開催され、広報活動をしてきました。昨年は震災の影響で中止となりましたが、今年はファン待望の開催とあって、来場者数は前回比110%だったそうです。日本支部では2008年以来、クレタ社のご協力で女性用展示ブース(レディスサポートスクエア)でパンフレット配布のお手伝いをしながら、支部のチラシを一緒に配布させて頂いています。当初は日本ラリーの広報を目的に始めましたが、2010年以降も支部公認の広報活動として、WIMAの活動や理念を男女問わず知って頂こうと継続してきました。

Great number of female riders! Yee-ha!

We were impressed by the number of female visitors, including current riders, future riders, former riders, especially this year. A booth for ladies was packed with people at the time of “win-a-prize game”. Surprisingly, 3,000 copies of leaflet were all gone by the end of 2nd day. It was wonderful 3-day event to meet such a lot of rider girls!

今年は女性来場者が多いのが印象的で、レディスブースは会場の一番奥にもかかわらず人が途切れることのない盛況でした。新車にまたがった自分の姿をブティックミラーに映して見ることができる優しい配慮の新車コーナーは男性にも大人気。女性限定じゃんけん大会の時間には女性ライダーがブースを埋め尽くし、見ている私たちまでが興奮しました。

今年も、多くの女性来場者に説明する時間が作れ、WIMAを知って頂くための有意義な活動ができたと思います。2008年には非常に少なかった「WIMA?知ってますよ。」という反応が年々増えています。

バイクのふるさと浜松 2011

Motorcycle event: Hamamatsu-city, Home of Motorcycles 2011 August 20, 21, 2011

Annual motorcycle event, the Home of Motorcycles 2011 was held in Hamamatsu-city, Shizuoka. This year again, WIMA made PR and reported our activities on stage and at our own booth.

バイクのふるさと浜松 8/20-21

静岡県浜松市で8月20-21日に開催された「バイクのふるさと浜松」というイベントで広報活動をしました。
この催しは国産バイクのふるさと浜松市の市民フェスティバルを兼ねたモーターサイクルショーのようなイベントです。
WIMAはメイン展示場にブースを出展し、大型モニターを使って活動報告とPRをしました。

On the stage

In addition to allocated PR time, one of our member appeared on a talk show together with a female on-road racer and also a female motocross racer. The theme of the talk show was “motorcycle life of women” and of course stories about GB rally was mentioned by WIMA member.

ステージタイム

また、ステージでは、オンロードレーサー・モトクロスレーサー・WIMA会員の3人が女性のバイクライフをテーマにしたトークショーに出演し、GBラリーの報告を含めた活動を紹介しました。
トークショーとは別に組織PRの時間も頂き、ステージの上から会員募集も行いました。