ボランティア Volunteer」カテゴリーアーカイブ

ラブジアース ミーティング20th/鳥取県 鳥取市 砂丘第二海水浴場(オアシス広場)

The 20th Love the Earth Meeting in Tottori sand dunes

鳥取市 砂丘第二海水浴場

今回の開催地は鳥取砂丘の近くにある砂丘第二海水浴場でした。2年前に同じ場所で開催された時には大雨の中、海岸清掃をしたところです。今回は、うって変わって快晴!早朝から多くのライダーが駆けつけましたが、中には、ツーリング中に、たまたま通りかかってゴミ拾いに参加したという方もいらっしゃいました。ジリジリとした日差しの中、約350名のライダーが海岸清掃に汗を流しました。地元の方は、海水浴の時期を目前に控え、海岸がきれいになったことを喜んでくださっていました。午後には、チャリティオークションやトークショーがあり、のんびりと楽しい時間が流れていきます。WIMAのブースでは、活動紹介とともに、安全運転推進のための「WIMAスマートライダー」ステッカーを販売させていただきました。ご購入いただいた皆さん、ありがとうございました。皆さんの周りの方にも、二輪車事故の削減を目指す「スマートライダー」という市民活動についてご紹介していただけると嬉しく思います。また次回のラブ・ジ・アースミーティングで一緒にゴミ拾いしましょう!

The 20th Love the Earth Meeting

The meeting was held at a beach in Tottori prefecture, famous for Tottori Dune. The same meeting was held at this place 2 years ago in the heavy rain. However, a brilliant sunshine was with us this time! So many riders started arriving at the beach from early in the morning for clean-up activity, and some riders found this event during their touring by chance and joined the event. In total, around 350 riders worked together and beach became very beautiful. The local people were pleased that they are ready for summer when many people come visit here to enjoy swimming. There were also talk shows and charity auction and riders enjoyed relaxed afternoon. At WIMA Japan booth, we introduced our activities and sold stickers of “WIMA Smart Rider” for the promotion of safe riding. We thank for people who interested in it and hoping to the notion of “Smart Rider” be spread from person to person to reduce motorcycle accident. See you at the next Love the Earth Meeting!

 

ラブジアース ミーティング19th/静岡県 牧之原市 相良サンビーチ

The 19th Love the Earth Meeting in Sagara Sun Beach

The 19th Love the Earth meeting was held at Sagara Sun Baech in Shizuoka prefecture.

台風の余波にも負けずに開催

午前9時、会場である相良サンビーチに着くと、すでに車やバイクが集まり始めていました。

いつも通りにゴミ拾い~ステージイベントという進行でしたが、吹き荒れる強風といつ降り出してもおかしくない空模様にゴミ拾い開始を30分早め、ステージイベントも大幅に短縮して、本格的に雨が降り出す前には無事終了となりました。

台風が迫る中の開催で内心「ライダーは来れるのだろうか?」と心配していましたが、強風をものともせず続々と会場に集まるライダーたちを見て、嬉しいような頼もしい気持になりました。

台風接近の中、みなさんお疲れさまでした。

10年目を迎えたラブジ

今年で10周年のラブ・ジ・アース。

天候の影響が大きいイベントでありながら、会を重ねるごとに参加者が増えているそうです。ゴミ拾いを終えて綺麗になった浜辺を見る爽快感は、バイクで緑の中を走る爽快感とよく似ていて、だから参加者が増えていくのかもしれません。

ラブジアースに参加するたびに、一人一人の力は小さくてもこうして集まれば大きな力になること、続けていくことの大切さ、を感じます。

実行委員会の方が10周年を迎えて新たな展開を考えているとおっしゃってました。

ラブジアースがこれからどんなふうに発展していくのかを楽しみにしながら、これからも出来る限り参加していこうと思いました。

WIMA号(東日本大震災復興支援)

WIMA Canopy

The WIMA Canopy sent soon after the 3.11 to Sendai city accomplished its role and returned to Osaka. Together with 5 other motorcycles, WIMA Canopy was utilized in the disaster-struck areas in Miyagi prefecture. People who used the bikes said that they were so helpful, and kindly showed their feeling of thankfulness by polishing the bikes. It is our great honor that we received a certificate of appreciation from the Social Welfare Council of Sendai. We are proud to be involved in this activity led by Pit Support Co., Ltd. in a suitable way as a motorcycle association and grateful for the company for the chance given to us to work with them. The reconstruction in Tohoku has various aspects. We are witnessing rapid progress in some parts, but progress is too slow in other parts. Regarding the accident of Fukushima disaster, the problem is ongoing. As a Japanese , and as a rider, I would like to continue to cooperate in recovery efforts.

WIMA号

東日本大震災直後から被災地仙台で活躍したWIMA号が、その役目を終えて引き上げられました。震災8日後から利用されたWIMA号を含む6台のバイクは、色々な所を走り回ったようです。「役に立ちました」とのお声をいただき、「せめてもの感謝の気持ちで」と綺麗に磨かれていたバイクもありました。そして名誉なことに仙台市社会福祉協議会さまより感謝状が贈られました。今回の支援活動の主軸である株式会社ピットサポートさまの横には、大変光栄にもWIMA日本支部の名前も連ねて下さっています。ピットサポートさまには、この支援活動に協力できる機会をいただいたことに、深く感謝いたします。ありがとうございました。震災からの復興は、急速に進んでいる部分もあれば、まだまだ年月がかかる部分もあります。原発の問題は現在進行形です。今後もライダーとして、1人の日本人として、復興に協力していきたいと思います。

ラブジアース ミーティング18th/福井県 大飯郡高浜町 釈迦浜

The 18th Love the Earth Meeting

Many riders who love the earth did beach clean-up activity in Fukui prefecture. We made a huge mountain of driftage after 2 hours of clean-up. The mayor’s message was wonderful; “I think that riders in riding suits gathering here to help clean the earth is chic and cool! I hope cool riders like you all will increase in future.” In order to change perspective toward riders, we, riders need to change first, right?

福井県大飯郡高浜町 釈迦浜(しゃかま)

今回の開催は福井県の釈迦浜、地元の方は「しゃかはま」ではなく「しゃかま」と呼ばれるそうです。普段はあまり人が立ち入らない海岸ということで、清掃場所は途方に暮れるような漂着ゴミだらけ!参加者は早朝から黙々とゴミ拾いました。山のようにゴミが集まりました。午後はトークショーやチャリティオークションなどがあり、楽しい時間を過ごしました。町長さんが「ライダースーツに身を包んだ皆さんに清掃していただき、粋で格好いいと思います。皆さんのような粋で格好いいライダーが増えてほしい。」というお話をしてくださいました。こんな風にライダーに対する見方が良くなっていくことは嬉しいことですね。

http://www.lovetheearth.jp/activity/meeting/18th/information.html

ラブジアース ミーティング17th/静岡県 牧之原市 地頭方海浜公園

The 17th Love the Earth Meeting

Despite our worries about weather, typhoon has passed away and we gathered under the blue sky.
We now have regular visitors to our booth and some people looking forward to see each other on occasions of this event.

会場は静岡県牧之原市地頭方(じとうがた)海浜公園

おなじみ御前崎付近の海岸が会場です。
台風の影響で明け方まで断続的な雨が続き、バイク参加者の安全が心配でしたが、早朝からは台風一過の青空が広がりました。
知り合いに会うことを楽しみに遠くから参加している人も多く、WIMAのブースに毎回声をかけてくれる常連さんもいます。
WIMAのブースを見て「知ってますよ」と言って下さる方も多くなり、嬉しくなります。

Nothing is difficult. Just come and do it.

As many of our friends already know, the Love the Earth campaign is a riders’ initiative to return the favors we riders have received from beautiful nature. As many as 800 riders came from all over Japan and cleaned up the beach. At the beach, there were so many driftwoods along with garbage by typhoon, but these woods will back to nature “naturally” and we picked up only rubbish. The talk shows and some games after clean-up are another fun for participants.

誰でもできることから始めよう

ラブジアースはライダーが展開する清掃活動です。美しい風景を楽しませてくれる地球にほんの少しだけライダーができる恩返しをしよう、という発想で始められました。
今回も、約800名の参加者が全国から駆けつけ、地頭方の海岸でゴミを拾いました。台風の直後でおびただしい流木が打ち上げられていますが、流木は自然に帰るので今回は流木以外のプラスチックゴミなどを拾います。

清掃活動の後は恒例のトークショーやじゃんけん大会も参加者の楽しみになっています。

WIMA Japan Autumn Meeting

WIMA Japan’s national meeting was also held on the day and some members rode to Hamamatsu where the meeting held after joining the activity.
WIMA Japan will keep supporting the Love the Earth campaign.

WIMAのミーティングも開催

WIMAの秋の1泊ミーティングがラブジの日程と合わせて開催されました。
今回はラブジ会場から遠くない浜名湖が会場でしたので、ラブジで清掃活動をしてから宿に入った会員もいました。
WIMAはラブジアースの活動に賛同し、今後も参加していきます。
また来年のラブジでお会いしましょう。

 

ラブジアース ミーティング16th/鳥取県 鳥取市 砂丘第二海水浴場(オアシス広場)

The 16th Love the Earth in Tottori prefecture

The Love the Earth campaign was held at the beach near the Tottori Sand Dunes on May 29th.

第16回ラブジアース in 鳥取

鳥取県の鳥取砂丘で16回目のラブジが開催され、WIMAからは4名が参加しました。
今回は鳥取砂丘の海水浴場の砂浜清掃です。

Unfortunately, typhoon was approaching to the region on this day but about 200 crazy riders gathered to clean up the beach. All participants came in the pouring rain and strong wind and this fact is enough for us to feel a sense of unity.

あいにくの台風接近で風雨が強く、今回は参加者が約200人と少なかったのですが、逆に
「こんな雨の中をよく来たよね・・。」
と互いに笑い合いながらゴミを拾って参加者の一体感が強まり、温かいイベントになりました。

Love the Earth is an environmental protection initiative by motorcycle riders and WIMA Japan supports this campaign.

ラブジアースは、ライダーから広げていく地球のための愛護活動です。
ぜひ一度みなさんもいらしてください。

チャリティモーターサイクルショー 2011

Charity Motorcycle Show

Charity Motorcycle Show for the support of Tohoku was held in Tokyo.

Annual motorcycle show was scheduled to be held in March but was canceled due to the earthquake disaster and after quakes. However, the event was held on a voluntary basis to raise money for the people and region of Tohoku; participants who take demo rides made donations.

WIMA Japan agreed to purport of the event and 4 of us worked in the operation team together with 11 non-WIMA female riders gathered through internet. Fifteen ladies in yellow vest guided motorcycles to parking lot.

チャリティモーターサイクルショー 2011年5月15日

東京お台場で、東日本大震災支援のためにチャリティ・モーターサイクルショーが開催されました。

3月に予定されていた従来のモーターサイクルショーは震災の影響で中止となりましたが、ニューモデル試乗会と合わせて震災への義援金を募るために、有志によって新たに生まれ変わったイベントでした。

日本支部では趣旨に賛同し、4名が運営ボランティアに参加しました。

インターネットを通じて集まった11人の女性ライダーも参加し、黄色いベストの女性チームで駐輪場誘導をしてきました。

4,500 visitors!

The event was held on short notice and we wondered if the vast parking lot is really filled with motorcycles. There was no need of worry. As soon as the gate opened, bikes came in through the gate in an endless stream, and the parking lot was filled with 1,500 machines before noon. Amazing!! Other bikes came in after some came out and eventually the number of visitors was 4,500 people!

It’s a tough but exciting work to see so many motorcycles come and go for this charity event. This was a great opportunity to do something to support people in the north.

広い駐輪場が埋まるのか不安な中での誘導開始

今回のイベントは告知期間が短かったため、広大な駐輪場が埋まるのかどうか、最初は誰もが不安でしたが、ゲートオープンと同時に途切れなく入場してくるバイクで、なんと1500台の駐輪場は午前中に全面が埋まりました。びっくりです。

その後も、帰る人と来場する人で常にバイクは入れ替わり、来場者は推定4500人だったそうです。

休み無く誘導の旗を振る仕事は大変でしたが、どんどんやって来るバイクにわくわくした一日でした。

多くのライダーがチャリティ・イベントに参加して下さったことは非常に嬉しく、お手伝いする機会を得た事に感謝しています。

Parking lot filled with motorcycles (L). People enjoy demo rides (R).

LSO講習会

“I’m IMPRESSED!” … LSO Life Supporting First Aid – Basic Skills Course December 19th,2010

Nine members of WIMA Japan attended the Life Supporting First Aid Basic Skills course held by LSO (Motorsport Life Saving Organization) on December 19th in Tokyo.

I haven’t sat through any learning experience lasting more than an hour in many years, and the entire 9-hour program (including 1-hour lunch time) seemed a little ambitious. But despite all my reservations, the long hours went by fast while kneeling over the CPR doll named “Anne” and trying to revive her. Of course, that’s not the only thing we did, as you can see, and we all had a great time.

すごいぞ!LSO講習会

12月19日(日曜日)に東京・大田区「文化の森」で開講されたLSOの講習会にメンバー9人で参加しました。「緊急時の応急手当と事故防止」を趣旨とした9時間(途中1時間のランチタイムを含む)という1日がかりの講習会。

1時間以上勉強するのは○○年ぶりという私は、参加表明したものの終了まで覚醒していられるか内心不安だったのですが、いざ始まると「おもしろい!」「なるほど!」「楽しい!」。座っている時間はほんの僅かで、様々な事故を想定しながら床に敷かれた毛布にひざまずいたり寝転んだりしてファーストエイド(応急手当)をみっちり練習しました。

 Motorsport Life Saving Organization

LSOは、モータースポーツに携わる人たちに応急手当のノウハウを広めるため、独自の認定プログラムで講習会を定期的に開催しています。インストラクターは、プロのラリードライバーや、サーキットのオフィシャルなど、まさにこんな人たちから教わりたいと思う方々。実際の経験談もとても参考になります。

LSO holds classes like these regularly to promote first-aid skills for people related to motorsports. The instructors are people with carriers in motorsports, like a professional rally-driver, or a racing-circuit officials, with interesting stories to tell from their actual experiences.

The program teaches a lot of what is necessary to feel confident in case of emergency. It would be great if I can maintain the level of skills I learned. “I am trained to give first-aid. Let me help you.” Wouldn’t you like to be able to say these words to an injured person? I would.

I also felt a strong passion toward exonerating the prejudice against motorcycles that we all felt at one time or another. But, imagine the future when most of the riders have the trained first-aid skills. In the cities, or on the back-roads in the countryside, people wave to stop motorcycle riders in hopes of being rescued. This is the vision the LSO strives for, and I completely empathized.

今回の受講で感じたこと

まず、「いざ」という時、「これだけの知識は持っていたい」と思う事を教えてもらえた!この知識は継続して持っていたいと感じました。最初に負傷者にかけるのは、「私は手当の訓練を受けましたので、協力させて下さい」という相手を安心させる言葉です。いざという時、これが言えたらいいと思いませんか?

熱い思い

さらに・・・それは、講習会を通じて伝わってくるLSOのモータースポーツへの熱い思いです。ライダーなら一度は感じるバイクへの偏見。でも、ライダーの大半がレスキューのノウハウを持っている時代が来るとすれば、イメージは全く違ってくるでしょう。

街中で、あるいは田舎道で手当が必要となった…そんな時、「ライダーなら応急手当ができる」と、通りがかりのバイクに手を振る。それがLSOの1つのビジョンだと聞き、感動しました。

Some comments from the WIMA members

“Very useful!” “Good material from the rider’s point-of-view.”

“I may be able to assist the person helping me when I have an accident. I’m seriously considering the remover hood.”

“It covers beyond the general first-aid, including application for motorcycle riders. I strongly recommend many people to take the course.”

“This can also be useful in everyday life.”

“It helped me remember what I’ve forgotten since I took the course last. Thinking what I may be able to do for the fellow riders throughout the course made it a better experience.”

Some of us also enjoyed a little get-together, talking about the Japan Rally over tea. If you haven’t had the chance to take the LSO first-aid class, I recommend that you do. I’m almost certain that it would add a positive essence to your motorcycling life.

Motorsport Life Saving Organization (LSO) homepage

http://www.ne.jp/asahi/master/lso/index.html (in Japanese only)

 

ラブジアース ミーティング15th/静岡県 牧之原市 地頭方海浜公園

The 15th Love the Earth Meeting

The 15th Love the Earth meeting was held at Jitougata Seaside Park in Shizuoka.

WIMA has been involved in this campaign as we did during 2010 Japan rally. Ten WIMA members plus six family members joined this time and clean-up the seaside park together with 800 participants most of them were riders.

おなじみの御前崎

9/19(日)静岡県牧之原市の地頭方海浜公園(御前崎付近)で第15回目のラブジアースミーティングが開催されました。

通称ラブジと呼ばれるこのミーティングは、ライダーによる清掃活動で、「自分にできる事から始めよう」という呼びかけに応えて駆けつけたライダー達が海岸の清掃をしています。

WIMAからは、10名の会員と6名の家族が参加し、約800名のライダーと共に地頭方の白い砂浜でゴミ拾いをしました。

After talk shows and some games, Mr. Sato from the organizing committee sent us a message and it was impressive to me.

“Please do not satisfy with the fact that you cleaned up the beach. I hope your participation to this Love the Earth meeting becomes an opportunity to start thinking from where these trashes were come from, and what happened if I didn’t pick up this garbage.”

恒例のトークショーやじゃんけん大会も終わり、解散直前に実行委員の佐藤信哉さんが参加者に呼びかけた言葉が印象的でした。

「今日、ゴミを拾って良かったと満足して終らないで欲しい。このゴミはどこから来て、なぜここにあるのか?自分が拾わなかったらどうなったのだろうか?と考えるきっかけにしてください。」

WIMA will support this campaign as we agree to its purpose: take action to protect our earth.

楽しみながら、地球のために小さなアクションを起こそう、というラブジの趣旨に賛同し、WIMAはこれからも活動を応援していきます。

鈴鹿8耐

Suzuka 8hours

 2010年7月22日~25日 三重県鈴鹿サーキット

フランス人女性ライダー、マガリー選手の応援に鈴鹿8耐に行ってきました。先週の7月19日に愛知県幸田サーキットの走行会・トークショーでマガリーと鈴鹿サーキットであうことを約束し、2年連続出走という快挙を応援しに7月24日(予選)から25日(決勝)にかけて行ってきました。

24日の予選後にピットでマガリー選手に再会。私たちの顔を見たマガリー選手は参戦するマシンにまたがってみないかと、明日を決勝にひかえ緊張した雰囲気の中、笑顔で話しかけてくれました。WIMAメンバーはバイクにまたがり記念撮影。マガリー選手と同じくフランス人女性でメカニック見習いのセシルとも“パシャ”。明日の決勝は、マガリー選手が目標として掲げていた「完走」を応援していますと声をかけました。

25日の決勝当日、ピットを訪れると、昨日より更に緊張した雰囲気。それでもマガリー選手は私たちに変わらず笑顔を見せてくれました。また、予期せぬことに、グリッドでのパラソルガールも体験させていただきました。
最初は見学したら失礼する予定だったのですが、チームオーナーが、
「最近ナーバスだったマガリーが、WIMAさんが来て下さってから非常に明るくなりました。女性には女性の応援が大きな力になるんですね。ぜひ最後まで居てやってください。」
と言って下さったので、女性ライダーが助け合うWIMAの理念を思い出し、最後までピットでマガリーを応援しようとみんなで話し合って決めました。

いよいよマガリー選手が出走。S字コーナー激観区に移動して応援、手を振り、カメラに納まらない勢いで走ってくるマシンを納めようと、何度もシャッターを押しました。
そのうち、「マガリー選手が・・・」と、実況の声・・・。
「マガリー選手がどうした~!」と、慌ててピットに戻りました。マガリー選手が他のライダーと接触した様子。残念ながら、この事故でマガリー選手のチームは完走となりませんでした。
(幸い、マガリーの怪我はたいした事もなく、その後、フランスでレースに復帰したそうです。)

結果的に、完走という目標は果たせませんでしたが、マガリー選手の果敢な走りに感動とパワーをもらいました。トークショーや8耐を通じてのマガリー選手の誠実な人柄やレースへの取り組みに、一層、ファンとして来年もまたマガリー選手を応援したい、頑張って欲しいと思う気持ちになりました。
感動をありがとうございました!