ラリー参加について詳しく教えて

参加資格は?申し込み方法は?それから男性の参加はどうなの?

詳しくはこちら

ラリーってどんなことをするの?

どんな所なの? バイクウェアは荷物が多くなる気がするけど、持参するの?

詳しくはこちら

地図・法規・携帯の準備

地図はどうやって入手するの?給油方法は日本と違うの?ネット環境は?

詳しくはこちら

ラリー参加の準備1

最初に用意するもの


■パスポートの発行
持ってない人、切れている人は済ませておきましょう。

■国際免許
有効期間が1年です。都道府県の運転免許センターに行けば、即日発行されます。
普通2輪免許に限定は付きません。  
 1) 国外免許証交付申請書(センターにあります)  
 2) 外国に渡航することを証明する書類(チケット手配書類・パスポート)  
 3) 現に受けている免許証(提示)  
 4) 免許証用写真1枚(5×4センチ センターのコイン証明写真で可) 
 訪問先の国で、日本の国際免許が使えるかどうかの確認も窓口で確認しておきます。


■フライトチケットの手配
これはHIS等の格安チケット業者のサイト、口コミなどをフル活用して値段を比較し、自力で手配します。全く同じ便でも業者によって微妙に価格差がありますので、まずは、ウェブで、じっくり調べましょう。購入は早い方が安くなります。
ネットだけでも購入できますが、旅行社に足を運べば、現地情報ももらえますので、出向くのも情報収集になります。

■クレジットカードの用意
カードは嫌いだから持たない、という人も旅行用にVISAかマスターズの付いているカードを用意して下さい。ウェブを通じてのレンタルバイクの予約やホテルの予約には、カードが必要になります。

レンタルバイクの手配


■レンタルバイク店の検索
レンタルショップは開催国が紹介してくれますが、予約は各自でします。
また、紹介された店の所在地が都合に合わない場合は、自分で探すことになります。
自分で探す場合は、ネットで 都市名 rental  motorcycle などと入れて検索してみます。見つかったらブックマークし、英語ページなら無料ウェブ翻訳サービスを使って、ページ翻訳してみます。

■車種の決定
大型2輪免許を持っていない人も、国際免許には、限定が付きませんので、大型に乗ることができます。 HPには、車種・1日の料金・1週間単位の料金などが書いてありますので、自分が乗りこなせそうな車種を選びましょう。
日本車は、どこにでもありますが、海外レンタルは大型がメインですので、足着きはネットを使ってスペックの「シート高」を調べます。
また、荷物を収納するパニアケース(トランク)は、付けておくと荷物の積載が楽です。
これは、有料オプションの場合も、バイクに付属の場合もあります。
ヘルメットや、タンクバッグなどのレンタル小物も用意されていますので、必要なら一緒に申し込みます。大型店ではナビが用意されている場合もあります。

■予約
予約は、オンラインフォームの申し込みか、メールでコンタクトを取ることになります。
メールの場合、英語で書く事になりますが、無料翻訳サービスを使い、まずは、いつからいつまでバイク(車種指定)を借りたいという用件だけを伝えられればOKです。
業者の回答を待って、さらに追加情報を送ります。
業者からの返信は事務的なやりとりですので、翻訳サービスに掛ければ意味は把握できます。また支部でも相談を受ければサポートしています。
レンタル店はそれほど多くなく、予約はどんどん埋まるので、好みの車種でなくても決断が必要です。

宿の手配


ラリー会場にその日のうちに着く場合でない限り、宿の手配が必要です。
これもウェブで全てできます。 「海外 ホテル 予約」で検索してみれば、いくつもの国内旅行業者が出てきます。もちろん日本語HPですし、決済もカードでできます。
嬉しいのは、価格帯も選べることです。一流ホテルだけでなく、リーズナブルなツーリスト用のホテルも探せます。

PCやタブレット、スマホを使う人はWifi環境の有無も重要です。
Wifi環境の有無、有料か無料かも調べて宿を選びましょう。
ここで大事なコツは、予約前に、住所による地図検索やアクセスマップで、ホテルの場所を確認することです。
翌日、バイク屋や、駅に行くなどの移動も考えた場所に宿を取るのが賢明です。
空港で降りたままの大きな荷物を持っての徒歩移動は、短い距離でも大変です。
また、地図だけでは坂道や階段までは判りません。GOOGLEストリートビューでは現地の画像を確認できます。
Page Top